スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェレダ ワイルドローズ インテンシブオイル

今回はフェイスオイルについてです。

オイルは種類によって効用が違うので、その時の肌の状態にあったものを選びまず。

この時期、日焼け対策にサンドロンオイルを愛用していますが、今回は年間通して常備しているこちら。


Wildrosemaske.jpg

ヴェレダ ワイルドローズ インテンシブオイル
Wildrosen Intensiv-Gesichtsöl

寝不足だったり、肌のコンディションが今イチの時にこれでマッサージをして寝ると即効性があります。
オイルだけど、マッサージ後数十分もすれば肌にみるみる吸収され、ベタつかず、しっとりとしだ肌触りになります。


配合成分
モスカータバラ種子油、アーモンド油、ホホバ油、月見草油、モモ核油、香料


ホホバオイルは皮脂に限りなく近いオイルで、毛穴の中で固まった皮脂を柔らかくする効果が、そして月見草オイルは毛穴を引き締める効果があります。なんとなくお肌がパっとしない時は大体毛穴もゆるんだ状態にあると考えられるので、このオイルはピンチの時のお助けアイテムです。


wildrosemaske2.jpg

中身はこのようにカプセル状。フェイスオイルの難点である酸化の心配がありません。サンドロンオイルは夏の終わりを重点に集中的に使いますが、このヴェレダは年間通して必要な時だけ使っているので、使い切るのに若干時間がかかります。
ボトルタイプのオイルだとすぐにダメになってしまいますが、カプセルタイプだと持ちがいいので安心ですね。

お風呂上り、毛穴が開いている状態でマッサージをしながら顔全体の伸ばします。私はそのまま寝てしまいますが、気になる方はティッシュ等で軽く押さえてもOKです。またいつも書いていることですが、お肌の過保護は禁物なので、最高使用頻度週2回というとこでしょうか。


集中ケアもローズの香りで癒されながら!楽しくマッサージしましょう☆



美容ブログランキングへ←ヘルスビューティー情報がいっぱい!

にほんブログ村 美容ブログへ←こちらもスキンケア情報など満載です!


スポンサーサイト

theme : 健康&美容とくとく情報
genre : 心と身体

tag : Weleda, ワイルドローズインテンシブオイル、ヴェレダオイル

アイクリーム

私が初めて購入したアイケアクリームはこちらのマルティナのものです。

augencreme1.jpg


Martina Gebhard
Augenfaeltchencreme


マルティナ バイタルアイクリーム

アボカド油をたっぷり含んだこのクリームは、皮膚の薄い目の回りを保護し、潤いを与えます。アボカドは亜鉛を豊富に含んでいるので、疲れた目元に栄養を補給します。

成分はいたってシンプルです。

水、アボガド油*、ラノリン、オレンジ花水*、ダマスクバラ花水*、ミツロウ*、カカオ脂*、シア脂*、トコフェロー

martina augencreme2


私はファンデーションはなし、またはオーガニックのものを使用しているので、クレンジングはミルクタイプの優しいもので十分ですが、アイメイクは一般の化粧品を使用しています。
今後もちろんアイメイクもオーガニックに変えていく予定ですが、今は目元だけ専用のクレンジングを使用、そのため目の回りだけ弱くなっている気がします。

そこでこのアイクリームを使うことにしました。
なんとなく小じわの兆候のような気になる部分があったのですが、持ち直した感じがします(笑)

お肌の過保護は禁物ですが、フォローは必要。
アボカドの力を借りて、酷使してしまってる目の回りをケアしましょう!



美容ブログランキングへ←ヘルスビューティー情報がいっぱい!

にほんブログ村 美容ブログへ←こちらもスキンケア情報など満載です!

theme : 健康&美容とくとく情報
genre : 心と身体

美容液

クレンジング、洗顔料、クリームと綴ってきました。

次はクリームの他に、お肌の調子で選ぶスペシャルケアをご紹介します。

この時期クリームはちょっと重たい、でも保湿はしたいという方も多いんではないでしょうか。

そんな時お勧めの軽いクリームもたくさんありますが、今日は先日オーガニックショップでゲットしてきた美容液のレポートです。


pura verde



Tautropfen、Pura Verde。(タウトロッフェン ピュラヴェルデ)

ジェル状の美容液です。

ジェルタイプのコスメは一般の化粧品ですと特にポリマー等、避けるべき化学物質を多く含んでいます。

でもこちらのTautropfenは化粧品で初めてデメター認証を得た、ヨーロッパでも老舗のオーガニックブランド。

この美容保湿ジェルは従来の100%ケミカルフリーの思想を守りながら、現代のニーズに合わせて開発された商品です。

Pura Verdeはアロエベラ、海藻エキスを配合し、お肌に弾力を与える効果あり。使い続けることで、お肌の再生機能を高めます。

私は洗顔後、化粧水等でお肌を整えてから、使用しています。美容液はしばらく使用してなかったので、クリームの感触ではないジェル独特のペタペタした感触に最初戸惑いましたが、このPuraVerdeはお肌にすぐに浸透し、馴染みます。

寝不足などで、なんとなく肌のコンデイションがよくない時に使うと特に効果的のような気がします。アロエベラの成分が効いているのか、瑞々しく、水分をたっぷり含んだような肌触りになります。ただしジェルなので使い心地なので使い心地はやはりサッパリです。物足りない場合は軽めのクリームをつけ足すといいと思います。

このPuraVerdeは日本未発売のようですが、姉妹品のアクアタオは日本でも販売されてますね。次回はアクアタオのレポートをしたいと思います!



美容ブログランキングへ←ヘルスビューティー情報がいっぱい!

にほんブログ村 美容ブログへ←こちらもスキンケア情報など満載です!

theme : 心と身体
genre : 心と身体

tag : Tautropfen, Pura Verde, Aquatao, 美容液

フェイスウオッシュクリーム

洗顔について意識が変わったのはオーガニックコスメに出会ってから。

昔は「洗顔命」で、皮脂や汚れを必死に落とすためにゴシゴシやってました。

泡ネットを使用して、一生懸命モコモコの泡を作ったり。。

前回紹介したWeledaのクレンジングミルクはメイク落としであると共に洗顔ミルクです。

洗顔後の肌はしっとり、潤いを含んだ感触となり、今までの「サッパリとした洗い上がり」とは対象的です。

これで洗えてるの?と心配な気持ちになりますが、使い続けると乾燥肌が改善されました。
確かに朝の洗顔はよっぽど寝てる時に汗をかかなければ、簡単でいいと思います。
化粧水で押さえるだけでもいいくらい。

でも真夏のジトジトした時期や、スポーツで思いっきり汗をかいたあとはもう少しサッパリと洗い流したい。

そんな時はこれです。

Gesichtwaschcreme2.jpg


Dr. Hauschka Gesichtswaschcreme (ドクターハウシュカ フェイスウオッシュクリーム)


Gesichtwaschcreme.jpg

これは本当に不思議なクリームです。アーモンドやピーナッツ油、コムギ胚芽油を含み、クレイではないんですが、ちょっと泥っぽい色をしてます。

特にユニークなところは、ツブツブが入っていること。

思わずスクラブ感覚でゴシゴシしたくなりますが、これは決してスクラブ洗顔ではありません。

ぬるま湯でちょっと伸ばして、手のひらで肌を押さえるように洗います。肌を押さえて、離してを繰り返してから洗い流すと、なんとすっきりとした洗い上がり感と、潤いの両方を感じることができます。

お肌に潤いを閉じ込めながら、余計な油分と汚れはすっきり。

夢のような洗顔料です!

あと、ドクターハウシュカのクリーム系商品は写真のようにチューブに入っているものが多いです。使い心地を紹介したくて、敢えて使いかけの写真を載せました。ご覧ととおり、歯磨き粉みたいに最後は折り曲げながら絞り出すことになります(笑)

高級化粧品のような見た目のリッチ感とはほど遠いけれど、中身は本物!
ドクターハウシュカはドイツのコスメですが、ここスイスでも気軽に薬局で手に入ります。


美容ブログランキングへ←ヘルスビューティー情報がいっぱい!

にほんブログ村 美容ブログへ←こちらもスキンケア情報など満載です!

theme : 心と身体
genre : 心と身体

tag : Dr. Hauschka、オーガニック洗顔料、Wash Cream、ハウシュカ

デイクリーム

夜はシンプルなケアを心がけてますが、朝のケアは日中お肌を過酷な環境から守るために大切です。

紫外線はもちろん、廃棄ガス、埃、冷暖房のよる乾燥、、自分で気付かなくても、お肌はあらゆるダメージにさらされています。

少しでもダメージを軽減するために、朝はエキストラケアが必要。

最近私は化粧水をクリームの間にオイルケアを投入することがありますが、今日は基本の日中クリームのお話。



私は愛用しているのはこちら。

Rosencreme.jpg


ドクターハウシュカ(Dr. Hauschka)ローズデイクリーム。

リッチなテキスチャーで、お肌の日中の乾燥から保護、またローズの香りが朝の気分をあげます。

そしてこのクリームのさらにすごいところは成分。

水、ピーナッツ油、アルテアエキス、ミツロウ、アボカドエキス、セイヨウオトギリソウエキス、シア脂、レシチン、香料、ガリカバラ花ロウ、ガリカバラ花エキス、ノバラエキス。

とってもシンプルで、合成界面活性剤は一切不使用。大豆から取れる脂質で乳化してます。
だから安心して使えます。

とてもコクのあるクリームですが、肌にすぐ馴染み重くなることはありません。
ただしこの「コク」は日中のお肌を守るためのもの。

思わず夜の保湿として使いたくなりますが、夜は大切な肌のターンオーバーを妨げてしまうので使用はNGです。

さあ、今日もローズの香りで目覚めましょう!


美容ブログランキングへ←ヘルスビューティー情報がいっぱい!

にほんブログ村 美容ブログへ←こちらもスキンケア情報など満載です!


theme : 心と身体
genre : 心と身体

tag : Dr. Hauschka、ローズデイクリーム、Rose Day Cream、ハウシュカ

モイスチャークリーム

拭き取りローションのあと、Weledaの場合はクリームへのステップとなります。

オーガニックコスメデビュー時はアイリスシリーズからはいりましたが、今はこれです。

Weleda Wildrose Feuchtikeit Cream

ワイルドローズのモイスチャークリーム。

アイリスのモイスチャークリームも良かったのですが、よりしっとり感を求めるときはワイルドローズがしっくりきます。

ヴェレダでは「エイジング肌に」と紹介してますが、季節によって使い分けるといいかもしれません。

アイリスのクリームには肌をひきしめるハマメリス水が入ってますので、夏にはぴったり。

ここチューリッヒでは夏でもべたつくことがあまりないので、私はまだワイルドローズを使ってますが、これが終わったらアイリスにしようかな。

日々お肌と相談するのが一番です。

モイスチャークリームのあとに、朝は「デイクリーム」、夜は「ナイトクリーム」のステップがあるのですが、私は夜はモイスチャークリームオンリーで寝てしまうことが多いです。

よほど乾燥することがなければ、肌の自然の再生力を高めるためにも夜はモイスチャークリーム程度の保湿でいいと思ってます。

優しいローズの香りに癒されて眠れば、どんなリッチな化粧品より効果があるはず・・!

美容ブログランキングへ←ヘルスビューティー情報がいっぱい!

tag : Weleda, ワイルドローズ、モイスチャークリーム

拭き取りローション

ミルククレンジングにすっかり魅了されてしまった私は初めてオーガニックコスメのライン使いをWeledaから始めました。

ミルククレンジングのコットン拭き取りに続いて驚いたのはローション。

Iris Lotion


これまでのローション(化粧水)は「いかに肌に浸透させ、潤いを与えるか」が選ぶ上で最も大切な要素。

でもこのWeledaのアイリスフェイシャルローションは、なんと拭き取りタイプ!

コットンに含ませて、顔をなでるというのが正しい使い方。

初めてはどうしても慣れなくて、思わず手のひらにとって肌に吸収させるように使ってしまったこともあるけれど、ミルククレンジングの使用に伴い肌が乾かなくなってからローションの拭き取りに抵抗を感じなくなりました。

ポイントは、「強くこすらないこと」。拭き取りに慣れると今度はそのサッパリとした洗浄感をもとめて、つい何回も肌をこすってしまう。

これはNG。

なるべく肌あたりのいいコットンで、あくまで優しく。

そうすることによって、その後の「潤いを与える」ステップの効果が倍増します。

こってりとしたミルククレンジングの余った油分をローションで拭き取ることによって、その次のクリームが肌の奥まで浸透するよう。

化粧品はライン使いが大切と聞くけれど、Weledaの場合はとくにマスト。単品だけでは、むしろ効果は半減かもしれませんね。

theme : 心と身体
genre : 心と身体

tag : Weleda、アイリスローション、アイリスミルククレンジ

私のオーガニックコスメデビュー

皆さんクレンジングは何を使ってますか?

クレンジングはメイクだけでなく、一日の埃や汚れを落とす大切なステップ。

どうしても「しっかり落とさなきゃ」という気持ちになってしまいますよね。

私も数年前までしっかりメイクを落とすために、とにかく良く落ちる「クレンジングオイル」ばかり使っていました。

クレンジングオイルは本当に肌に乗せるだけでスッキリ、バッチリ何重塗りにもしたマスカラだって、ちょっと馴染ませれば簡単に落とせる。

でも、ちょっと待って。

そんな強力なメイクも落とせるって一体成分は何でできてるの?

ふと疑問に思って調べて初めて知った言葉、合成界面活性剤。

洗剤にも使われている、油と水を混ぜる成分がクレンジングオイルには大量に含まれているということ。

確かに洗剤は油汚れをキュキュキュと落とすけれども、そんなことをお肌にしたらどうなるか。。

乾燥まっしぐらではないですか!!

私は基本的に乾燥肌だと思い込んでたけれど、このオイルクレンジングの長年の使用がいけなかったのでは!?

そしてオーガニックコスメのミルククレンジングに出会いました。

入門編はWeledaのアイリスクレンジングミルク。

35_4.jpg


コットンにクリームを乗せて拭き取るだけというクレンジング方法にはじめは戸惑ったけれど、慣れればそのしっとりとした使い心地のとりこに!オイルクレンジングのように、慌てて保湿する必要もなく、使い続けると肌の質感が変わっていくのに気づきます。

私のミルククレンジング、そしてWeledaデビューのアイテム。

なかでも、アイリス "Iris" シリーズはWeleda初心者にとって一番入りやすいラインだと思います。ホハバオイルがたっぷり入ってて、香りもまたナチュラルな癒し系。

クレンジングをミルクにすると、使用するコスメに対しての価値観も変わってくるから不思議。

ここが、私のオーガニックを極める旅のスタートラインでした。

Mueller Reformhaus

チューリッヒで私が足繁く通うお店

Mueller Reformhaus

Mueller Reformhaus


いつもは駅前のお店に行きますが、今日は最も大きな店舗で品数も多いGlatt Zentrum(ショッピングセンター)まで行ってきました。

お目当てはこちらのシリーズ。

Tautropfen


Tautropfen

日本ではなかなか手に入らないドイツ有数のオーガニックブランド。

オーガニックにおいて最も厳しい水準を求められるデメター認証を最初に取った由緒正しきブランドなのです。

Tautropfen


ただWELEDAやDr. Hauschkaに比べてお値段が高めなのがネックですが、前から気になっていたジェル状の美容液がなんと半額!なので購入いたしました。

使用心地はまた後ほどレポートします!

それにしてもオーガニックショップって本当飽きない。何時間でもいれちゃいそうです。
Welcome!
心と体に潤いと安らぎを与える、オーガニックコスメとオーガニックフードを少しでも多くの人に伝えたくて始めました。まだ記事は少ないけれど、ゆっくりしていってくださいね。
About Me

yucocktail

Author:yucocktail
Yucocktailです。日差しの強いスイスで太陽を愛する家族と共に、紫外線とお付き合いしながらアンチエジングに励んでいます。自分が心地よいと感じるものを体とお肌に。同じ価値観を持つビジネスパートナーと「良い」と思う商品を世界に発信していきます。

フリーエリア
Facebook Fan Page
Posts
Categories
Newest Comments
Track Back
Archives
Ranking
どうしてオーガニックコスメ?
どうして男性ではなく、女性がスキンケアに必死になるのでしょうか。 スキンケアは女性は皮脂が少なく、その足りない皮脂を補うための行いです。 皮脂を補うには、限りなくシンプルなクリーム、オイルで十分なはずです。 オーガニックコスメ、中でも認証済みのブランドはヨーロッパの厳しい基準をクリアしたナチュラルな成分のみで作られています。 市販の化粧品に含まれている合成界面活性剤や合成ポリマー、また日焼け止めの紫外線吸収剤など私達のお肌に害を与える成分は排除、または極力制限し、心をこめて作られています。パッケージもシンプルなオーガニックコスメ、お肌だけではなく地球にも優しく、スキンケアしましょう!
Online Shop
ブログで紹介した商品を手に入れるには?

ずっと持ちたかったオンラインショップ。オーガニックコスメに出会って、「ショップを立ち上げるなら、これしかない!」と思いました。オーガニックコスメをスイスプライスで世界各地にお届けします!

http://organicbeauty.ch/
My links
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。